「日の本一」のソープ街|全国どこにいても楽しめる!高級ソープの街を見つけよう

鏡にうつる女性

「日の本一」のソープ街

白い服の女性

北は北海道の札幌市にある「すすきの」から、南は九州福岡県の「中洲」とか沖縄県の「辻」とか、さまざまなソープ街がある。関西なら和歌山、あるいは兵庫県の神戸市にある「福原」とか、滋賀県の琵琶湖畔に位置する「雄琴」などがソープ街として知られている。
そんな全国のソープ街で、知名度という点でいちばんよく知られているのはおそらく日本の首都・東京にあるソープ街「吉原」だろう。
吉原ははるか江戸時代から「男の遊びの街」としての歴史を持っており、時代ごとにさまざまなサービスを提供するお店があって賑わってきた歴史を持っている。たとえば江戸時代から明治、大正を経て昭和の戦中まで、吉原には遊郭が設置されていた。江戸幕府の初代将軍・徳川家康がじきじきに認可を与えた公認の「遊び場」であり、その伝統は江戸幕府が倒れ明治政府が生まれ大正、昭和へと時代が変わっても続いていった。そして戦後、ガラリと日本の伝統は各分野で変わってしまったが、その一環として遊郭も廃止されてしまった。しばらくは私娼(店に所属せずに働く女性)たちの街として栄えたが、その後、日本が高度経済成長を突っ走っていく中で今度はソープランドが新たに生まれ、ソープ街として今にいたる基礎が築かれたのである。というわけで、吉原はこのように時代をこえて「男の遊びの街」であった……。
さて、そんな吉原をはじめとするソープ街で楽しめるプレイとはどのようなものだろう?デリヘルならヘルスプレイを、回春エステなら回春マッサージを、ピンサロならフェラを、オナクラなら女の子の前でオナニーを披露するという「嬉し恥ずかし」なプレイを楽しめるが、ソープのサービスは「Soap」すなわち石けんを使う場である「風呂」のエロサービスが特徴的だ。ボディソープのようなヌルヌル感を楽しめるローションまみれになって風呂場の床にしいたエアマットでプレイを楽しむことができるマットプレイが、ソープの特徴的なプレイだ。