高級ソープの遊び方|全国どこにいても楽しめる!高級ソープの街を見つけよう

鏡にうつる女性

高級ソープの遊び方

髪が風でなびいている女性

日本一のソープ街、吉原に燦然と輝く「高級ソープ」の看板。そこを目指して東京都台東区へ今、歩を進めているあなたにお伝えしたいことがある。
もちろんもうすでに吉原の高級ソープに向けて実際に足を運んでいるというアナタは、高級ソープにはどのような女の子がいるのかご承知のことと思う。そう、高級ソープは頭に「高級」の2字をいただいていることからもわかるように、女の子やサービスの質が普通のソープとはケタ違いなのである。
しかし、ドキドキワクワクしているところに水を差すようでアレだが、料金についてはきちんと確かめているだろうか?
高級ソープは、吉原の普通のソープ、あるいはその他の風俗店とは違う独自の「しきたり」を持っているので、その部分は最初にチェックしておいてもらいたい、という感じなのである。おそらくネットで料金を調べたときは、入浴料ということで、たとえば「100分20,000円」といった金額があったと思う。
だからと財布に1万円札を2枚だけ入れて吉原へ……というのは少々、早とちりである。すぐにコンビニに寄ってもうちょい下ろしていただきたい!
というのも、ソープランドでは昔からお店の利益になる「入浴料」と、女の子のお給料になる「サービス料」を分けて記載するという文化があり、HPの料金説明ページにもその名残りが生きているのだ。普通のソープランドでは入浴料、サービス料も合わせた「総額料金」が記載されているところもあるものの、吉原の高級ソープでは今も伝統を大事にしていてHPでは入浴料しか記載しない、というところがあるのだ。というわけで、お店に到着する前に今一度、財布の中身を確認するのがベターなのだ。「金額が分からないからいくら足せばいいのかわからん!」という人は、お店に電話などして確かめてみよう。きっと親切に答えてくれるはずだ。